海外のボーディングスクールについて

subpage1

ボーディングスクールは日本ではあまり馴染みはありませんが、学校に寮の施設があり24時間態勢で学生をサポートする学校のことです。ボーディングスクールは海外では普通にあるもので、約50%〜85%の学生が寮生として学校で暮らしています。



またこのシステムで文武両道に秀でたリーダーとなる人物を育成することを目的としている特徴もあります。


世界中から文化の違う学生が集まり、寮で共同生活をしながら勉強をしたりスポーツをし、ボランティア活動など様々な経験を積むことができ、教師もキャンパス内に住んでいることが多く学生のサポートをするのです。

ボーディングスクールで学ぶメリットには、英語で行なわれる授業を理解し、実践的な英語を身に付けることができ、1クラス12人程度の少人数制で一人一人の学生の学習度合いに合わせて教師は授業をすることできるため、的確な指導を受けることができます。

寮で生活するため、時間管理、自己管理や責任などを身に付けることもできるのです。異文化の学生と話す機会が多いため、様々な国の考え方の違いなどを学ぶことができることが最大のメリットと言えます。



ボーディングスクールの選び方のポイントは、どの国で学ぶか、学生数、留学生の数、年間費用、必要な英語のレベルや研修の有無、課外活動やカリキュラム、卒業後の進学実績などを事前に調べて自分に合ったスクールを選ぶことが重要なことです。

また個人で探すのは難しいこともあるため海外での留学などを紹介している会社に相談したりサイトを閲覧することも良い選択です。