ボーディングスクールとは?

subpage1

ボーディングスクールとはドイツで始まった全寮制の寄宿学校のことです。
両親の元を離れ、心身を修養し、規則、礼儀、自立心を養うことを目的としています・授業は少人数制が特徴です。



政治、経済界の有力者の子息や王侯貴族の子息が多く通っています。

彼らの両親たちは、早い時期から、同じような環境の子供との人脈をつけさせることも目的としています。
英国のパブリックスクールはボーディングスクールの典型です。

イートンカレッジやラグビースクール、ハーロウカレッジなどがあります。英国のパブリックスクールは卒業生に有名俳優やミュージシャンも多いです。
アメリカ、スイス、カナダ、オーストラリアといった英語圏の国々でもボーディングスクールは多くあります。
アジアは少数で香港、中国、タイにイギリスのハーロウカレッジの付属校があります。

アメリカの学校は、自由な雰囲気の所が多く、イギリスはどちらかというと規律を重視します。

スイスの学校は国際的なリーダーを目指す人が多く通います。

スイスの学校は授業料が高めです。

イギリスのボーディングスクールに通うと授業料と寮費で年間200万円〜300万円台かかります。


その他に制服代などの諸経費、渡航費なども上乗せされます。ハーロウ校は、芸術に優れた人へのスカラーシップ制度があります。

日本経済新聞の情報探しはこのサイトから初めてください。

留学エージェントを通してホームステイ先を紹介してもらえます。



ホームステイはボランティア感覚でしてくれる経済的に裕福なところもあれば、ビジネス感覚でしている家庭もあり様々です。