ボーディングスクールについて

subpage1

ボーディングスクールとは、寮の施設が用意され、学生を24時間体制でサポートできる学校のことです。一部の全寮制学校を除くと、一般的に約50%から85%の学生が寮に住みキャンパス内で生活を行います。



規律正しい寮で生活を行うことで、自ら時間管理や自己管理を身に付け、自然と責任ある行動を身につけることができます。学生をサポートするため、教師の多くも寮やキャンパス内で一緒に暮らし、学業だけでなく放課後の学生の生活にも深く関わります。
ボーディングスクールにはセキュリティースタッフも常駐しているので、学生が安心して学生生活に集中できる環境が整っているのが特徴です。

OKWaveの情報探しはこのサイトから初めてください。

ボーディングスクールでは、様々な文化や考え方を持つ学生と日常的に交流が行えます。



そのため、異文化に対する理解や興味が深まるのが利点です。

社会における次世代のリーダーとなる人物を育てるため、非常に適した環境と言えます。

ボーディングスクールもそれぞれに個性があり、小学生から受け入れできる学校をはじめ、中高一貫の6年制や、中学3年生から高校3年生までの4年制などがあります。学習や運動、芸術などの多様な学習を行いながら、地域社会におけるボランティア活動などさまざまな社会経験も積みます。


ボーディングスクールを選ぶ際は、子供の性格や学力、将来の目標や夢などを考慮するのが大切です。

名門校や難関校と評価される学校だけでなく、子供に合った学校を選ぶのが重要となります。